ボリビアにおけるCOVID-19感染状況

〇ボリビアにおけるCOVID-19の感染者数は,ボリビア政府の公式HP
https://www.boliviasegura.gob.bo/)で公表されていますが,増大傾向にあります。そのため,ボリビア政府は,4月15日までの終日外出禁止令,国際便の停止,国内交通機関の停止等の措置を延長する方向で検討を進めています。感染者数の多いサンタクルス県,ラパス県,コチャバンバ県と他県の措置を差異化する可能性についても検討されています。
(1)初の確定感染者の発生日:3月10日
(2)確定感染者数(累計):264名(前日比+54)
(3)回復者数:2名
(4)死亡者数(累計):18名(前日比+3)
(5)各県別確定感染者数:サンタクルス県:127名(死亡8名,回復1名),ラパ
ス県:57名(死亡7名),コチャバンバ県:47名(死亡2名),ポトシ県:13名(死
亡1名),パンド県:10名,オルロ県:8名(回復1名),チュキサカ県:1名,タ
リハ県:1名,ベニ県:0名

〇サンタクルス県モンテロ市の完全封鎖
サンタクルス県モンテロ市は,4月9日までに21名の感染者が発生(妊婦1名が死
亡)したことを受け,モンテロ市条例第226号を発出し,4月9日(木)から20日
(月)まで12日間の完全封鎖が実施されることとなり,現在,警察と軍によるコント
ロールが実施されています。同期間中,同市における全ての公共・民間施設が閉鎖さ
れ,警察,軍,医療関係者,食糧運搬,マスコミ以外の全ての車両及び人の移動が禁
止されます。同期間中,15日(水)6:00~13:00のみ,食料品及び基礎必需品の買
い物のために外出することができます。モンテロ市内各地区において移動式市場が設
置される予定であり,設置時間はマスコミ及びSNSを通じて発表される予定です。

Comments are closed.