お知らせ

4月1日米国チャーター機について
2020/03/30

●4月1日,在ボリビア米国大使館が,ボリビアからマイアまでのチャーター機を手配するとの連絡がありました。搭乗邦人希望者におかれましては至急以下の連絡先に御連絡願います。
3月21日以降,ボリビアにおける全ての国際便及び国内交通機関が停止され,また,3月22日以降は全国において終日外出禁止令が発出され,ボリビア国内で滞在中の外国人が移動ができない状態が続いています。
現在,当地米国大使館が,ベニ県及びタリハ県に滞在中の米国人のために特別チャーター機(商用機)を手配する準備を行っています。米国人優先のため,その他外国人も搭乗できるか不明ですが,同チャーター機搭乗に関心のある邦人におかれては至急以下の連絡先に御連絡願います。ただし,国内の交通機関が停止されているため,サンタクルス市内在住者又は米国が別途国内チャーター機又はバスを手配するベニ県トリニダード市又はタリハ県タリハ市在留者に限定されます。現時点の情報は以下の通りです。 (続きを読む…)

新型コロナウィルス;大使館からのお願い(所在調査)
2020/03/24

●この度の国際便を含めた全ての交通機関の停止, 終日外出禁止及び国境封鎖により,多くの方々が滞在施設から外出できずに不自由な思いをしておられる中,大変恐縮ですが,状況の変化に備えて短期滞在の方々を可能な限り正確に把握するため,皆様のお名前等を改めてご登録ください。
現在ボリビアに滞在されている方は以下の情報を入力の上,在ボリビア日本国大使館のアドレスに返信いただくようお願いします。
また、周囲に日本人短期滞在者の方がおられましたら,その方の同意を得て,その方の分も下記情報をいただければ幸いです。

1. お名前(漢字)(同行者全員):
2. お名前(旅券記載のローマ字表記)(同行者全員):
3. 旅券番号(同行者全員):
4. 滞在地域(ラパス,サンタクルスなど):
5. 滞在場所(宿泊施設名称):
6. 連絡先(携帯番号等):
(続きを読む…)

在ボリビア米国大使館からチャーター機のお知らせ
2020/03/23

●3月26ー27日頃に在ボリビア米国大使館が、ボリビアからマイアミまでのチャーター機を手配するとの連絡がありました。邦人希望者におかれましては至急以下の連絡先に御連絡願います。

3月21日以降、ボリビアにおける全ての国際便が停止され、また、3月22日以降は全国において終日外出禁止令が発出されたため、ボリビア国内で滞在中の外国人が移動ができない状態となっています。
先程、当地米国大使館から当館に対し、ボリビア滞在中の米国人のために特別チャーター便(商用機)を手配する準備を行っており、その他外国人も搭乗できるスペースがあるかもしれないので、邦人の希望搭乗者数を至急承知したいとの照会がありました。
未だ所要の手続き中で不確定要素はあり、料金も未定ですが、取り敢えずは希望者数を承知したいと存じますので、希望者におかれましては至急以下の連絡先に御連絡願います。現時点の情報は以下の通りです。 (続きを読む…)

新型コロナウィルス;ボリビア全国における終日外出禁止の可能性
2020/03/21

●今週末にも、ボリビア政府が、全国における終日外出禁止令を発出する可能性がありますので、食料品等の十分な備蓄に努めて下さい。
●ボリビアにおける確定感染者数は19人に増え、オルロ市及びサンタクルス県ポロンゴ市において,終日外出禁止令が発出されています。

領事メール,大使館HP,ボリビア関係当局及び現地ニュースから,最新情報をご確認ください。ただし、多くのフェイクニュースがSNS等で流れているので、ボリビア政府発表やボリビアTV等の公的機関による情報で確認して下さい。
また、アジア人に対する風評被害も発生していますので、外出時には十分御注意願います。
何らかの問題が発生する場合には、領事携帯7153-6981まで御連絡願います。

参考情報;民間チャーター機(ラパスーサンパウロ間)のお知らせ
2020/03/19

●ラパス市ソポカチ地区に所在する「マグリツアー(Magri Turismo )」という旅行代理店から,明日19日にラパス発サンパウロ行きのチャーター機を手配したとの案内がありました。

3月21日00:00以降、ボリビアにおける全ての国際便が停止される決定を受け、ラパス市ソポカチ地区に所在する「マグリツアー(Magri Turismo )」という旅行代理店から在ボリビア日本大使館を含む関係機関・団体に対し、明日19日にラパス発サンパウ
ロ行きのチャーター機を手配したとの案内がありました。特に、上記期限までにボリビア国外に移動する手段がない邦人旅行者の方に参考情報として御案内差し上げます。詳細は以下のとおりです。 (続きを読む…)

新型コロナウィルス;外出禁止令
2020/03/19

●17日のアニェス暫定大統領による追加的措置の発表を受け,同日夜に最高政令が発
出されました。全土で外出禁止令が発出され,違反した場合は警察により8時間拘束
されるので御注意願います。

 17日のアニェス暫定大統領による追加的措置の発表を受け,同日夜に最高政令が発
出されました。昨日の領事メールの補足事項は以下1のとおりです。同政令の適用期
間は発出から3月31日までとされていますが,状況に応じて延長される可能性があり
ます。また,ラパス県における措置の補足事項は以下2のとおりです。 (続きを読む…)

サンタクルス市による外出禁止令及び在サンタクルス領事事務所の臨時閉館
2020/03/19

●3月19日(木)‾3月22日(日)までの4日間サンタクルス市は終日外出禁止となります。
●3月19日(木)~20日(金),サンタクルス領事事務所は閉館となります。 (続きを読む…)

在ボリビア日本国大使館・サンタクルス領事事務所開館時間変更
2020/03/17

15日,ボリビア政府が新型コロナウイルス対策のため公的機関及び民間企業の勤務時間を8時から16時までとすると発表したことを受け,3月17日(火)から3月31日(火)までの間,在ボリビア日本国大使館及びサンタクルス領事事務所の開館時間を午前は8時から12時,午後は13時から16時に変更します。それに伴い,入館受付時間は,午前は11時30分まで,午後は15時30分までとなります。皆様の御理解と御協力をお願いします。

新型コロナウィルス;ウユニ市におけるバスターミナル及び空港閉鎖
2020/03/17

3月17日(火)以降,新型コロナウイルス対策のため,ウユニ市におけるバスターミナル及び空港が閉鎖されることが公表されました。
現時点でウユニ市内に滞在する日本人旅行者については,バスターミナル及び空港が閉鎖される前に同市から移動してください。
現在,ボリビア各地でコロナウイルス対策のための行動制限が行われており,領事メール,大使館HP,ボリビア関係当局及び現地ニュースから,最新情報をご確認ください。

新型コロナウィルス;入国規制の強化2
2020/03/16

●14日,アニェス暫定大統領は,中国,韓国,西及び伊滞在者の入国を禁止することを公表
●14日,クルス保健大臣は,ボリビア国内で新たに7名の新型コロナウイルス感染が確認され,感染者は全国で合計10名となった旨発表
●14日,オルロ市における感染者拡大を受け,アギラル・オルロ市長は各種の規制を実施する (続きを読む…)

新型コロナウィルス;入国規制の強化
2020/03/16

15日夜,アニェス暫定大統領は,新型コロナウイルス対策として、以下の追加的措置を実施することを公表しました。

1 18日0時0分以降、シェンゲン協定加盟国、英、アイルランド及びイランからの渡航者の入国を禁止する。ただし、ボリビア国籍者は帰国時にWHOの規定する手続きに従い帰国可能
2 16日以降、全ての公的機関及び民間企業は08:00-14:00の勤務時間とする(昼休憩なし)。
3 16日以降、全てのディスコ、バー、映画館、ジム、遊園地の営業を停止する。また、全てのパーティー、大規模スポーツ・イベント、イベント会場における夜間のイベント、一箇所で100名以上が集まるイベント等を禁止する。
4 16日以降、全ての医薬品、体温計及び本件対策のための贈与資機材の関税を無税とする。 (続きを読む…)

新型コロナウィルス初の感染者2名発生について
2020/03/12

3月10日,クルス保健大臣はボリビア国内で初めて2名(60歳と64歳。2名とも女性)の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを発表しました。国籍は発表されていません。2人ともイタリアから帰国し,それぞれ体調不良のため病院へ診察を受けに行ったところ,感染が確認されました。1名はサンタクルス県サンカルロス市の病院,もう1名オルロ市の自宅において,各々隔離されています。 (続きを読む…)

注意喚起:デング熱流行について
2020/03/12

●デング熱が流行しています。蚊に刺されないこと,蚊の発生源をなくすことが大切です。

2020年は1月~2月26日の期間に,6,861例(昨年同時期の3.8倍)がデング熱と診断され,20例の死亡例が報告されています。主な発生地域はサンタクルス県です。
デング熱は主に日中に活動する蚊によって感染します。潜伏期は5~7日で,急激な発熱で発症し,発疹,頭痛,骨関節痛,嘔気・嘔吐などの症状が見られます。多くは軽症ですが,出血などの症状を伴い重症化することもあります。ワクチン,特効薬はなく,蚊に刺されないための対策が大切です。なお,ラパス市,ウユニ市などの高地では蚊がほとんどいないため,感染する危険はほとんどありません。

《デング熱を防ぐためのポイント!》

●肌を露出しない長袖、長ズボンを着用する●肌の露出する部分には虫除けスプレーを使用する●蚊取り線香,殺虫剤などを使って蚊を近づけない●居住地周辺では蚊の発生を減らすために,下草刈りや水たまりの除去・清掃を頻回に行う。 (続きを読む…)

注意喚起;新型コロナウィルスに関する在留邦人及び旅行社への注意喚起
2020/02/10

●ボリビア保健省は,新型コロナウイルス感染の疑いのある者の定義を「国籍にかか
わらず,過去14日以内に中国に滞在し,咳や高熱の症状がある者」と発表していま
す。
●なお,上記の新型コロナウイルス感染の疑いのある者の定義に当てはまらない場合
であっても,周囲に感染を疑われた事案も発生しています。
●新型コロナウイルスの感染を疑われ,不測の事態が発生した場合には,在ボリビア
日本国大使館にご連絡ください。 (続きを読む…)

初のボリビア出身力士誕生
2020/01/21

ボリビア初の力士・煌(きらめき)が誕生しました。
ご興味がある方は以下のURLをご覧ください。
URL;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-01190294-sph-spo

URL;https://hochi.news/articles/20200106-OHT1T50066.html

注意喚起!1月17日~22日前後 大規模な抗議集会の見込み
2020/01/17

●1月17日18時頃から,ラパス市中心部において,民主主義を求める大規模な抗議集会が行われる見込みです。
●22日前後には,全国各地で,民主主義を求める抗議活動に加え,1月22日以降のアニェス暫定大統領の任期延長を拒否する抗議活動が行われると予想されます。
●不測の事態に巻き込まれないように,多数の人が集まっている場所には決して近づかないようお願いします。 (続きを読む…)

<ボリビア日本人移住120周年記念展示>ボリビアに生きるー日系人の生活とその心ー
2019/11/07

ボリビア日本人移住120周年の記念行事としまして、「ボリビアに生きるー日系人の生活とその心ー」と題した記念展示を行います。
期間:2019年11月2日(土)~2020年2月2日(日)
場所:JICA横浜 海外移住資料館(企画展示室)
時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)年末年始12月29日~1月3日まで


ボリビア展チラシ
詳細はこちら(PDF)

公開講座:日本人ボリビア移住120周年を迎えて
2019/11/07

日本人ボリビア移住120周年を迎え、下記の通り公開講座を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。
日時:2019年11月17日(日)14:00から15:30
講師:安仁屋滋氏(ボリビア日系協会連合会事務局長)
会場:JICA横浜会議室1
入場無料、予約不要

海外移住資料館だよりNo.52(PDF)

日本人ペルー移住120周年企画:ニッケイ-ペルーに渡った私のおじいちゃん
2019/10/02

ラテンアメリカに移住した日本人のアイデンティティを描く日系ベネズエラ人監督の祖父母の歴史
国際人権・映画フェスティバルで優秀ドキュメンタリー賞をはじめ数々の賞を受賞 (続きを読む…)

日本人ボリビア移住120周年記念行事:Pirai Vaca氏のクラシックギターコンサート
2019/09/25

日本人ボリビア移住120周年記念行事の一環として開催される音楽イベントのご案内をいたします。 (続きを読む…)

南米ボリビアの魅力~120年の結びつき・日系人の活躍と国際協力~
2019/08/22

去年、JICAボリビア事務所40周年を迎えただけではなく、本年、日本人移住120周年を迎え、ボリビアについての魅力を日本国内の方に発信し、ボリビアを多くの面から知ってもらう機会にするため、「ボリビアの魅力」について、下記要領でセミナーを開催します。 (続きを読む…)

ボリビア映画会開催のお知らせ
2019/06/24

2019年度最初の当協会主催イベントとして、昨年に引き続き「ボリビア映画会」を開催いたします。
上映作品は、昨年好評を頂いたボリビアのウカマウ集団制作の「鳥の歌」です。この映画の日本への紹介者である太田昌国さんの解説付きでご覧いただきます。 (続きを読む…)

注意喚起:ボリビア国内の旅行代理店をめぐるトラブル
2019/01/21

在ボリビア日本大使館からの注意喚起情報です。
ラパス県内に所在する旅行代理店にインターネットのホームページ等を通じてツアーの手配を申込み、費用を支払ったものの、ホテルやツアー等の手配が行われていなかったという事案が複数発生しています。 (続きを読む…)

日本人ボリビア移住100周年記念誌関係の書籍注文を受け付けております
2014/06/07

次の書籍の頒布を行っております。移住関係に関する研究者を初めとして、在日ボリビア人やその親族の方々など興味のある方は下記までご連絡ください。(在庫有り、すぐ発送できます)
注文先:日本ボリビア協会まで住所氏名、電話番号、注文冊数など明記してください。
E-Mail:admin@nipponbolivia.org
事務局:Tel/Fax:042-673-3133 (続きを読む…)

ラテンアメリカに関するイベント情報
(社)ラテンアメリカ協会HPより
http://latin-america.jp/event_calendar

ボリビア関連ニュース(Powerd by Googleニュース