新型コロナウィルス;ウユニ市におけるバスターミナル及び空港閉鎖
2020/03/17

3月17日(火)以降,新型コロナウイルス対策のため,ウユニ市におけるバスターミナル及び空港が閉鎖されることが公表されました。
現時点でウユニ市内に滞在する日本人旅行者については,バスターミナル及び空港が閉鎖される前に同市から移動してください。
現在,ボリビア各地でコロナウイルス対策のための行動制限が行われており,領事メール,大使館HP,ボリビア関係当局及び現地ニュースから,最新情報をご確認ください。

新型コロナウィルス;入国規制の強化2
2020/03/16

●14日,アニェス暫定大統領は,中国,韓国,西及び伊滞在者の入国を禁止することを公表
●14日,クルス保健大臣は,ボリビア国内で新たに7名の新型コロナウイルス感染が確認され,感染者は全国で合計10名となった旨発表
●14日,オルロ市における感染者拡大を受け,アギラル・オルロ市長は各種の規制を実施する (続きを読む…)

新型コロナウィルス;入国規制の強化
2020/03/16

15日夜,アニェス暫定大統領は,新型コロナウイルス対策として、以下の追加的措置を実施することを公表しました。

1 18日0時0分以降、シェンゲン協定加盟国、英、アイルランド及びイランからの渡航者の入国を禁止する。ただし、ボリビア国籍者は帰国時にWHOの規定する手続きに従い帰国可能
2 16日以降、全ての公的機関及び民間企業は08:00-14:00の勤務時間とする(昼休憩なし)。
3 16日以降、全てのディスコ、バー、映画館、ジム、遊園地の営業を停止する。また、全てのパーティー、大規模スポーツ・イベント、イベント会場における夜間のイベント、一箇所で100名以上が集まるイベント等を禁止する。
4 16日以降、全ての医薬品、体温計及び本件対策のための贈与資機材の関税を無税とする。 (続きを読む…)

新型コロナウィルス初の感染者2名発生について
2020/03/12

3月10日,クルス保健大臣はボリビア国内で初めて2名(60歳と64歳。2名とも女性)の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを発表しました。国籍は発表されていません。2人ともイタリアから帰国し,それぞれ体調不良のため病院へ診察を受けに行ったところ,感染が確認されました。1名はサンタクルス県サンカルロス市の病院,もう1名オルロ市の自宅において,各々隔離されています。 (続きを読む…)

注意喚起:デング熱流行について
2020/03/12

●デング熱が流行しています。蚊に刺されないこと,蚊の発生源をなくすことが大切です。

2020年は1月~2月26日の期間に,6,861例(昨年同時期の3.8倍)がデング熱と診断され,20例の死亡例が報告されています。主な発生地域はサンタクルス県です。
デング熱は主に日中に活動する蚊によって感染します。潜伏期は5~7日で,急激な発熱で発症し,発疹,頭痛,骨関節痛,嘔気・嘔吐などの症状が見られます。多くは軽症ですが,出血などの症状を伴い重症化することもあります。ワクチン,特効薬はなく,蚊に刺されないための対策が大切です。なお,ラパス市,ウユニ市などの高地では蚊がほとんどいないため,感染する危険はほとんどありません。

《デング熱を防ぐためのポイント!》

●肌を露出しない長袖、長ズボンを着用する●肌の露出する部分には虫除けスプレーを使用する●蚊取り線香,殺虫剤などを使って蚊を近づけない●居住地周辺では蚊の発生を減らすために,下草刈りや水たまりの除去・清掃を頻回に行う。 (続きを読む…)

注意喚起;新型コロナウィルスに関する在留邦人及び旅行社への注意喚起
2020/02/10

●ボリビア保健省は,新型コロナウイルス感染の疑いのある者の定義を「国籍にかか
わらず,過去14日以内に中国に滞在し,咳や高熱の症状がある者」と発表していま
す。
●なお,上記の新型コロナウイルス感染の疑いのある者の定義に当てはまらない場合
であっても,周囲に感染を疑われた事案も発生しています。
●新型コロナウイルスの感染を疑われ,不測の事態が発生した場合には,在ボリビア
日本国大使館にご連絡ください。 (続きを読む…)

初のボリビア出身力士誕生
2020/01/21

ボリビア初の力士・煌(きらめき)が誕生しました。
ご興味がある方は以下のURLをご覧ください。
URL;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-01190294-sph-spo

URL;https://hochi.news/articles/20200106-OHT1T50066.html

注意喚起!1月17日~22日前後 大規模な抗議集会の見込み
2020/01/17

●1月17日18時頃から,ラパス市中心部において,民主主義を求める大規模な抗議集会が行われる見込みです。
●22日前後には,全国各地で,民主主義を求める抗議活動に加え,1月22日以降のアニェス暫定大統領の任期延長を拒否する抗議活動が行われると予想されます。
●不測の事態に巻き込まれないように,多数の人が集まっている場所には決して近づかないようお願いします。 (続きを読む…)

締切間近!:協会クリスマスイベント(懇親会+講演会+フォルクローレ)参加募集
2019/11/19

恒例となっております当協会主催のクリスマスイベント(懇親会+講演会)を下記の要領で開催いたしますので、皆さまのご参加をお待ちしています。

日程:令和元年12月5日(木)午後6時~9時まで
場所:Salon de Jullie(サロンドゥジュリエ)
講演会:午後6:00~6:45
桑原健一様による講演「ボリビアの音楽ーフォルクローレは作られた伝統?-」
懇親会:午後7:00~9:00 (立食形式のパーティ、途中講演いただいた桑原さんの活動するトリオ
「東京リャマ計画」によるボリビアを中心としたラテンアメリカ音楽の演奏があります。
参加費用:会員3000円、非会員3500円
問合せ:admin@nipponbolivia.org
当日連絡先:090‐3923‐0024(杉浦)または090‐9682‐4822(永井)まで


詳細はこちらをご覧ください

注意喚起;モラレス大統領辞任に伴う情勢不安
2019/11/12

モラレス大統領の辞任
●11月10日17時頃,モラレス大統領は辞任を表明しました。
●情勢は流動的ですので,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。
10月20日の大統領選挙以降,全国各地で政府支持派と反政府派の間で抗議活動や
衝突が続き,現在まで3名が死亡,421名が負傷しました。 (続きを読む…)