お知らせ

カントゥータ41号、42号掲載しました
2021/01/07

カントゥータ41号、42号をアップロードしました。「会報カントゥータ」タブからご覧ください。

ボリビアでの国際バーチャルフェリアの続報
2020/12/06

ボリビアで初の輸出・ロジスティック・投資国際フェリアにJICAが本邦企業 19 社と連携しブース出展することが決まりました。詳細につきましては、下のリンクからご覧ください。

JICA ボリビア事務所からのフェリア案内

出展企業のスペイン語案内

至急:ボリビアでの国際バーチャルフェリアの参加募集
2020/11/28

今般、サンタクルス輸出業商工会議所(CADEX)が、コロナ禍等で停滞しているボリビア経済を再活性化するため、「第一回 輸出・ロジスティック・投資に係る国際バーチャル・フェリア 2020«再び成長するために»」を開催します。JICA ボリビア事務所は、本フェリアに参加し、JICA ブースを設けて、JICA が行う民間連携事業等の情報を発信する計画です。JICA と連携してボリビアにおける事業展開・ボリビアの社会経済開発に関心を持つ企業は、12 月 1 日(火)までに、JICA ボリビア事務所までご連絡をお願いします。

フェリアの詳細は右の案内をご覧ください。「国際バーチャル・フェリア」への参加募集案内

新型コロナウイルスに関する応援・支援コーナーを設置しました
2020/10/11

新型コロナウィルスをめぐる社会・経済活動の制限により、特に旅行観光・飲食提供・娯楽サービスの演奏や教育・医療などの分野に携わっている方々には大変苦しい状況が続いています。当協会の会員の中で、これらの業種に属する方々の活動支援・応援のため、当HP上においてコーナーを設けました。協会として会員の支援・応援の一助になれればと考えています。左欄のバナー「新型コロナウィルス応援・支援コーナー」をクリックしてください。

2021年度JICA日系社会リーダー育成事業募集
2020/07/03

(公財)海外日系人協会より、2021年度JICA日系社会リーダー育成事業の募集のお知らせが届いております。

本事業は、中南米地域の日系人の本邦における修学を通して、将来の日系社会を担い得るリーダーを育成することにより、移住者の定着・安定を図ることを目的とし、学費や生活費等の支援をする事業で、JICA(国際協力機関)より委託を受けて、海外日系人協会が実施しています。 (さらに…)

令和2年度(2020年度)定時総会開催
2020/06/22

下記の通り、定時総会を開催いたしたくご案内申し上げます。

Ⅰ.場所:(有)西脇商事 会議室(渋谷区代々木1-58-10)
Ⅱ.日時:令和2年6月25日(木)14:00-15:00
Ⅲ.議題 (さらに…)

2020年度JICA日系社会リーダー育成事業追加募集
2020/06/20

(公財)海外日系人協会より、2020年度JICA日系社会リーダー育成事業の追加募集のお知らせが届いております。

本事業は、中南米地域の日系人の本邦における修学を通して、将来の日系社会を担い得るリーダーを育成することにより、移住者の定着・安定を図ることを目的とした奨学金事業で、JICA(国際協力機関)より委託を受けて、海外日系人協会が実施しています。 (さらに…)

ボリビア出身力士の誕生「煌」
2020/06/09

6月6日付産経新聞にボリビア出身力士「煌」に関するニュースが出ています。興味のある方は左欄の「ボリビア関連ニュース」のバナーをクリックしてください。

ボリビアへの投資に関するご案内
2020/05/16

ボリビア政府開発企画省より、外国投資家によるボリビア国内での投資誘致に関する正式なエントリー方法を以下の通りご案内いたします。

ボリビアへの投資に関するあらゆるご質問にお答えいたします。
お申込み・ご質問は以下のウェブサイト内の、REGISTRY OF INTEREST TO INVEST IN BOLIVIAよりご入力・お申込みください。

http://www.investbolivia.gob.bo/quest2020/home

こちらのウェブサイトお申込みにより、ボリビア政府よりボリビアへの投資に関するガイダンスをご案内させていただきます。

ボリビア渡航情報(外務省海外安全HP)
2020/04/20

外務省の海外安全ホームページよりボリビア関連の渡航情報について最新情報及び過去1年間の情報を簡単にご覧いただけるように左欄にバナーをつけました。どうぞご利用ください。

ボリビアにおけるCOVID-19感染状況
2020/04/10

〇ボリビアにおけるCOVID-19の感染者数は,ボリビア政府の公式HP
https://www.boliviasegura.gob.bo/)で公表されていますが,増大傾向にあります。そのため,ボリビア政府は,4月15日までの終日外出禁止令,国際便の停止,国内交通機関の停止等の措置を延長する方向で検討を進めています。感染者数の多いサンタクルス県,ラパス県,コチャバンバ県と他県の措置を差異化する可能性についても検討されています。 (さらに…)

ボリビア医療体制、新型コロナウィルス感染を疑われた場合の対応など
2020/04/07

●ボリビアにて新型コロナウイルス感染症の兆候が発生する場合,以下の通り御対応願います。

1 感染の兆候が発生する場合,ボリビア保健省の規則に従い,以下の通り御対応願います。殆ど英語が通じないため,言語の問題で支援が必要な場合,大使館に御連絡願います。
・外出して病院で受診せず,まずは滞在場所にて自主隔離措置を執り,他者と決して接触しない。
・ボリビア政府が設置した以下の新型コロナウイルス感染症の特設コールセンターに電話で症状を説明して指示を仰ぐ。(自己判断で病院に行き検査を受ける場合,検査費用を請求されることがあり,また,他者に感染させてしまう恐れもあるため,必ず指示を仰ぐ。)(フリーダイヤル)800-10-1104又は800-10-1106 (24時間無休(医師と相談するためには通話開始後に0をダイヤル))(ラパス県専用は800-14-4900(医師に直接つながる)) (さらに…)

注意喚起:デング熱流行について
2020/03/12

●デング熱が流行しています。蚊に刺されないこと,蚊の発生源をなくすことが大切です。

2020年は1月~2月26日の期間に,6,861例(昨年同時期の3.8倍)がデング熱と診断され,20例の死亡例が報告されています。主な発生地域はサンタクルス県です。
デング熱は主に日中に活動する蚊によって感染します。潜伏期は5~7日で,急激な発熱で発症し,発疹,頭痛,骨関節痛,嘔気・嘔吐などの症状が見られます。多くは軽症ですが,出血などの症状を伴い重症化することもあります。ワクチン,特効薬はなく,蚊に刺されないための対策が大切です。なお,ラパス市,ウユニ市などの高地では蚊がほとんどいないため,感染する危険はほとんどありません。

《デング熱を防ぐためのポイント!》

●肌を露出しない長袖、長ズボンを着用する●肌の露出する部分には虫除けスプレーを使用する●蚊取り線香,殺虫剤などを使って蚊を近づけない●居住地周辺では蚊の発生を減らすために,下草刈りや水たまりの除去・清掃を頻回に行う。 (さらに…)

注意喚起:ボリビア国内の旅行代理店をめぐるトラブル
2019/01/21

在ボリビア日本大使館からの注意喚起情報です。
ラパス県内に所在する旅行代理店にインターネットのホームページ等を通じてツアーの手配を申込み、費用を支払ったものの、ホテルやツアー等の手配が行われていなかったという事案が複数発生しています。 (さらに…)

ラテンアメリカに関するイベント情報
(社)ラテンアメリカ協会HPより
https://latin-america.jp/event_calendar